黒い鳥 +act
2017年06月15日 (木) | 編集 |
今回も秀逸だった+act

大野くんの仕事の節目ごとに特集されているグラビアとテキストを読んできたけど
他の雑誌とは切り口が違ってて私にはとてもいい

今回も期待を裏切らず大野智の世界に誘ってくれる


P1010238 (400x300)

ゴツゴツとした骨ばっている裸足

柔和な顔とは違う
このアンバランスさは大野智のもつ一面
素足だけで
生きてきた凄みが伝わる



孤高の『黒い鳥』

漆黒の翼が自慢
いつも一人で獲物を狙う
猛禽類のどう猛さで狙うと外さない
枝にとまって海を見るのが好き
ホバリングは好きではなく空中に留まることはしない
縄張り争いが苦痛
隣に白い鳥がいたはずだったのに…

白い鳥になった夢を見た



グラビア 最高でした



🌹🌹🌹

テキストは米川里代さん
この方は+アクトではいつも大野さんにインタビューされてる
あの2008年の魔王の回のアクトでもそう
大野くんのデビュー前からの活動はもちろん、その時に言った小さな言葉までも引用してるから
あの喋るのが得意じゃない大野くんの言葉を引き出すのが上手いライターさん

既出の内容とは違ってて 無門にどうやって近づいていったか
大野くんの心情が自然に綴られているテキストでした

今回は楽しい事をすると無門が途切れてしまうから釣りも行っていないという大野くん

でも『魔王』時は空き時間があると、睡眠をとるよりも夜釣りに出かけていたという逸話があります
それで潤くんに苦言を呈されるというね(笑)

本来 役を途切れさせることはない大野くんだから
釣りには行かないはずなんだけど
『魔王』は役から離れないと精神的にバランスが取れなかった
それくらい 重い役だったんだ

今回の無門は、大野くんから離れることなく共存し続けているし
大野くんもそれを受容してる
役とのいい関係があったみたいですね

撮影は楽しいばかりじゃないけど、大野流に楽しめていたらいいな




「真面目なのかな? 不器用なのか…?なんだろうね?」

ライターさんから
「不器用ではあるよね」って言われてるよ(笑)


真面目に取り組みすぎて
生き方が不器用になる

そんな大野智はやっぱり愛される




スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可