TOKIOカケルの大野ヒストリーに感謝
2017年10月05日 (木) | 編集 |
昨日の『TOKIOカケル』
予告から「大野智脱退騒動」なんてちょっと穏やかなタイトルじゃないし💦
ドキドキして見ましたけどね…

続きからどうぞ💛
TOKIO兄さん5人に対して一人は初めてだと圧を恐れる松本くん(笑)
兄さん達は優しいんだけど、5人揃うと迫力と年季を感じます
なんて表現したらいいのかなあ
農家さんでもいらっしゃるので自然の力を味方につけていると言うか
揺るがないオーラがあるんですよね
でも後輩にとても優しいのは見ていて和みます
いい兄貴なんだなぁ


ジャニーズ事務所入り年表
これも圧巻です
この一覧をみてびっくりしたのはメンバーの年齢なんだけど

ほとんどみんな30代以上なんですね
NEWSさんとかキスマイさんとかもそうなの?
嵐さんの後輩だからまだ20代だと思ってた

そして1994年に大野さんが入所するんですが
嵐では年長だけど、ジャニーズではまだ先輩がたくさんいらっしゃる
これだけ30代以上のアイドルが第一線で活躍しているってスゴイことだと思うわー

前にも書いたけど、アイドルは若さと容姿で惹きつけられる時代ではないような気がします
容姿は確かに変わってくる
でもそれ以上に彼らにはファンを惹きつける力があるんだわ
歌、ダンス、演技だったり
何かに打ち込む姿だったり
発信する言葉だったり
その人の生き様だったり

人間的な豊かさっていうのかな
そういうものをファンは求めているような気がします
少なくとも私がそうなのかもしれませんが

そうアイドルは年齢じゃないよ

潤くんもたくさんの話

 「キレイにバラードを歌いたい」
 「じゃあ 大野入れよう」

 「歌が上手いっていうのはみんな知ってたわけだよね」
 「そうです」

何度聞いてもいいなあ

二週間くらい携帯も家の電話も出なかったのは初めて聞いたな
太一くんと松兄はさすがに大野ヒストリーをよく知っていて語ってくださる

潤


「半年に一回くらい どうしても泣いちゃう」
この言葉も初めて聞きました
潤くんとは本当に深く話をしているんだなあ
この二人 性格が全く違うから余計に気が合うのかも

潤くんももうすぐ映画が公開ですね
これの番宣だったんだ
本当にラブストーリーが似合う男だなあと感心するこの頃
最近は色気に年齢の深みも加わって
潤担さん 本当に楽しみな映画になりそうですね
私も行く予定にしています


潤くんの愛ある言葉
TOKIO兄さんの愛ある兄貴ぶり
嬉しかったです


『妄想マイホーム』は鍵部屋の模型を思い出しちゃった
 
鍵部屋 再度帰ってきてくれないかしら(願望)




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


こちらの地方で『忍びの国』セカンドラン上映の情報が入ってきました
応援上映に厳しかった北九州なんですが
小倉の昭和館というひっそりした映画館
上映期間は2018年1月6日から
こんな先にセカンドランが決まったのは全国でも早いんじゃないですかね
それも 岡田准一さんの『関ケ原』と二本立てです

どちらも伊賀の忍びが出てきて
一方は人でなしの忍者 
一方は主に忠誠をささげる忍者

その上 岡田くんと大野くんですからね
続けてみるにはかなり気力も体力も使いそうです





 
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可