久しぶり過ぎて
2018年03月15日 (木) | 編集 |
久しぶり過ぎて 
ブログの書き方忘れました~(。-_-。)

大野さんへの愛は変わらず持ち続けていたのですが
何せ
体が動かず…

年なのかなぁ~


ちょっと 寝ている時間がありました
そんな時って
思考がネガティブなんですよね

経験がおありの方もいると思うんですけど
だんだんと負のスパイラルに陥って行くという…

暗い~ (´・_・`)

でも そんな中でも
何か出口を見つけなければと思いあぐねていて

今、一番好きなもの
会いたいもの
触れていたいもの
って考えた時に

嵐さんのDVDをずっと見ていました

大好きなものに触れていると
負のスパイラルから脱出できるんです

そんなこんなで
嵐さん、智くんに助けてもらって
ブログがまた書きたいと思うまでになりました


ほんとうにね

嵐は人の人生を救っていますよ

生きがいというのは違うし
依存する気もないけど
単純に好きなものに触れられるのは
素晴らしい薬なんですね

大野さん言ってたことありますよ

「もうオイラがいるだけで喜んでくれる人がいるんなら、それでいいんじゃないかな」

助けられています
ありがとう 嵐さん 大野さん(* ´ ▽ ` *)




忍びの国 ビジュアルコメンタリー


ずっと流していても飽きない このコンテンツ
監督と知念君と三人で映画を見ながら解説してくれるなんて
なんて贅沢な企画だ
一緒に映画を見ている気分になるわ

DSC_0236.jpg

一本の映画を作るって
随分と微細な部分まで計算してあるんだな
映画にしたい作品に出会ってからのとてつもなく長い時間
それを維持するための積み重ね
「怪物くん」のまえから温められていた企画だったなんて

大野智にターゲットを絞ってからの監督の行動も
慎重かつアクティブで

一つの映画を作り上げる労力
今度から映画を見るときは
そんな思いも感じて 見方が変わりそうです



映画を見ている大野くんは
知念くんにMCを任せてしまって すっかりリラックス(笑)
知念くんの方がお兄ちゃんみたいだよ


監督がどうしてこのシーンを絶賛するのかわからないとか

でんでんさんがツボだとか

知念くんのち〇びが見えていることに喜んでいるとか

知念くんの演技をさりげなく褒めているとか
(これは静かに絶賛している智くんの表現ですよね)

いい表情がたくさん見れました


最後の方で監督が言ってた言葉で

『ネズミと無門が帰った家で、扉が開かなくてまた入れてもらえない』

なんて素敵なお話


お国は生きていたってことよね
嬉しかったなぁ

私も死んだとは思いたくなかったし悲しすぎた

お国が生きていたとすれば
短い間だとしても
無門は幸せだったし
ネズミは母を感じることができた

すごく尊い時間だったに違いない

よかった
生きていたんだ お国

私はそう思うことにします

私の中では無門は大野くんそのものなんだよね

もう感情移入し過ぎですね




スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
拍手コメのmi…さま
ありがとうございます
ようやく何とか書きたい気分になってきましたので書いてみました。
書くとだらだらと色々書いちゃうよね(笑)
気にかけてくれてありがとうございます

mi…さんも無理しないように、でも大野くんを語ってくださるのを楽しみにしています。
2018/03/19(Mon) 14:28 | URL  | コゲラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可