FC2ブログ
それは青じゃないとね
2019年08月15日 (木) | 編集 |
うちの市内の公園にやってきたこの綺麗なお客様

ブルービー

【ブルービー】


滅多に見られないことから

『幸せを運ぶ蜂』
『見ると幸せになれる』


と言われているそうです


もう、青のストライプなんて智担ならどストライク


正式名称 : ルリモンハナバチ  (ミツバチ科)
絶滅危惧だそうです

幸せを運ぶなんて青い誰かさんと一緒よ
絶滅危惧種なのも一緒よ (タイムリミット( ;∀;))


蜂の世界も【青】は美しい


ホント 青じゃないとダメだからね







みなさま、お盆はいかがお過ごしですか

ここ北部九州は台風の暴風雨圏に入る予報が出ていたので、昨日のうちから厳戒態勢
私のお仕事も休みになりました
でも逸れたかな
四国西日本方面の方は酷くなり大変ですね
どうか、身の安全を一番にお過ごしくださいね


こんなぽっかり空いた日には
アラシゴトが一番


地方の壁で観られなかった「24時間テレビ事前番組」に大野くんが生出演されたようで
ツイで見つけました
ここに居たか!
ブルービー
じゃなくてブラウンだわ

先日のしやがれスイーツではまあまあ色白でいらっしゃったのに
なんと やっぱり焦げてる

そうよ!
夏の男よ!
この男が焦げない夏を過ごす訳がない

この男が元気に焦げてると「遊んだなー」と安心するよ
(焦げたって何回も使かうかよ!)


番組の紹介によると
企画で大野丸ロケがあるみたい

主旨は「海洋環境問題」

そしてお相手は最近評判がいいと自負する破天荒くん
私もスキ
スタジオ外ではどう大野くんと絡むのかしら

なるほど
このロケで焦げたんだね
いい色に焼けていらっしゃる

海の大好きな大野くんも
更に見識が深まって良かったし、楽しかったんじゃないかな

この大野丸企画 楽しみにしています




あと、義足の子供さんとの100人ダンスの企画もあり


大野くんの子供に接する時の優しい笑顔、
そして仕草、頭ポンポン等 見れました

これ見ただけなんですが、
この人の人や生き物に対する感情は好きと優しさだけにとどまらず
敬愛や慈愛まで持ち合わせているの伝わってくる

相手が子供さんでもリスペクトした態度で接する(空手の女の子と握手した時のエピソード)

うん,こういう所に彼の人間としての魂の美しさを感じるよ

前世は一体何だったのよ
『トップをとるアイドル』なのに、己を見失わないで驕ることがない
むしろ、その位置に惧れを感じているなんてね

修行を積んだ高僧?

お盆だからかなあ
思考がそっちへ行ってしまいます







やっと届いた大野デザインアクリルキーホルダー
噂通りに薄ーいよね
そのまま着けると壊れそうなのでカバーに入れました(Tちゃんありがと)

それからはずっとバックに着けています

アクリルキーホルダー

お寺さんに行った帰りのバスが長かったものだから、まじまじとこの絵を見てました
そして気づいたんですが
「あらっ 今会ってきたような気が…」

大野デザイン画
これ、仏画に感じる


うちのお寺さんは『十一面観音菩薩』さまがいらっしゃる
その観音さまの頭の上には、十一のお顔が配されてます

瞋怒相 (怒りを表す)→左側面
白牙上出相 (微笑で仏道を努めている)→右側面
慈悲相 (慈悲を表す)→前面
暴悪大笑面 (悪を見抜き邪行をなすものを蔑む)→後面
頂上に仏面 (本来のお顔)


実にいろいろなお顔をお持ちの菩薩さま



そして大野くんの描いた絵にも、いろいろな顔がある
特に真ん中の赤ちゃんの顔のところのアレンジとか似てる

大野くんは「バンバン降りてきたから」描いているので
知ってて描いたとは思えないけど
余りにも共通点がありすぎて

鳥肌たちました

蓮華座の上に立っていらっしゃるし


観音様、大野くんのとこに降りられました?


人生は全てがHappyではないけど
蓮の根っこを絡ませて救い上げ
綺麗な花を咲かせる

『俺の想いが詰まってるTシャツ』

どんな人も救われると伝えてくれたと思ってます
そして救われる人がいるはず (私。。。)

十一面観音さまも大野くんも伝えていることは一緒
だから 仏画だと思えるんです


観音様は変化(へんげ)するから
大野デザインに変化したのかも



お盆だからかなあ、こんな風に考えるのは

(十一面観音様を決して蔑ろにするものではありませんので、そこは誤解なさらないように)






明日からは通常営業
今日のVS嵐は『大野あるある』です

楽しみ~





スポンサーサイト



ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可