fc2ブログ
1月27日が過ぎました
2020年01月28日 (火) | 編集 |

27日は至って普通の日でした
でも、頭の中では「去年の今頃は…」という思いがふと過ぎって

感情的にもずいぶんと受け入れられるようになったし
だけど、やっぱり去年は辛かったことがよみがえります


去年の自分の記事を読み返してました
自分の文章って恥ずかしいです(笑)
本人が書いたんじゃないみたい( ̄▽ ̄;)

あの頃も書くことによって、自分がどう考えているかはっきりして落ち着いてきたんだな

悲しくてどうしていいか分からないんだけど、直後から希望を捜してる
少しの言葉じりとか、メンバーの言葉とか
嵐は 大野くんは帰ってきてくれると信じようと捜しまわっていた気がします

我ながら 健気だねー

堂々と信じて構えていられなかった小ささを感じてしまいます




去年は嵐さんに触れる機会もかなり多くて
休止もまるごと含めた嵐と向き合っていくうちに、だんだんと落ち着いてきたかな

メンバーの言葉ももちろんそうだけど
徐々に話してくれるようになった大野くんの言葉が一番大きかったです

「休止中も僕の事を想っててください」と直接聞けたことがよかった

この言葉を盾に取ることはしませんが、信じるに足りる言葉だと思ってます





大野くんも少しずつ想いを話してくれるようになりましたね
まだ断片的ではありますが、彼の中で少しずつ何かが楽になっていってるのかも

「僕の事を想っていてください」なんて帰ってくることが前提じゃないと言えることではないし
えーっ?
そんなこと言っても大丈夫?
そう思いながらも嬉しかったけど

ほんと 大丈夫なのかなぁ

話してもファンの子は大丈夫と信用してくれたなら嬉しい


あの発表直後の固い表情が消え
今はよく笑ってるし、自由だし、何よりよく喋る

何がどうなってるのか、本当はわからないんだけど
それは大野くんのみが知ることなんだけど
大野くんが元気で幸せそうでいてくれると安心します

今はそういう状況ねと思っておこう






一年ぶりにファンクラブサイトの1.27メッセージを見てみました

当時はすぐに会見の言葉の方が大きく、気を取られたけど
会見では取り上げられていなかった言葉の方が、今は重く感じています


『一度 嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか』

こっちのほうが大きな理由だったように今は感じます

そんなことをリーダー大野はすでに考えてたんだ…


そしてもちろんこれも本音だと思う
『勝手ではありますが、一度何事にも縛られず 自由な生活がしてみたい』



双方のキーワードは【一度】

一旦はそうする
でも 時間が経てば…… とも取れますが

そして会見では【自分の我がまま】のストーリーを貫いていたけど
一年たって だんだんファンもそうじゃないことわかってきますよね

多分 智担にしか理解してもらえないだろうけど
嵐が『有終の美』を飾れるようにと一番願っていたのは、大野くんなのかもしれません




あー
しんどい一年でしたけど
皆さまはどう過ごされたのかな


私がブレずにいられるのは『大野智さんへの信頼』

帰ってくるとか こないとか
そういう事ではなくて
『待つだけの価値がある人』という信頼なんです


休止に入って心に穴が空いても
そこは戻ってきてくれる場所なので、他の人で埋めることなく過ごします
まあ、埋めようと思っても埋まらないでしょうね
嵐さんも同じこと

悟りの境地ですかね~


来年の1月27日は静かな気持ちでいられるといいな




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今日は17時からネトフリ第二回目の配信ですね
また あの刺激的なワードで誘ってますが、一回目ほどでもないかな

しっかりと見届けます


また葉担さんの家の大きなテレビで視聴します
二人で鍋つついてビールのみながら、ピーチクパーチク言うの🐤

何だか娯楽になってきちゃった

ファンも鍛えられますね



スポンサーサイト



ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可