fc2ブログ
旅はつづく (嵐を旅する展覧会図録)
2021年05月12日 (水) | 編集 |
 
THE JOURNGY ARASHI

『嵐を旅する展覧会』の図録が届きました

   DSC_0145_20210512132156.jpg

まるで辞書サイズ(笑)
厚みが3cm、重さ892g(台所で量ったよ)
もった質感もしっとり 手になじみます

背の文字が金箔で、5人のローマ字の名前が押してある
切り口は金色に染めてあって、自分の顔が映るのが面白い
シンプルなデザインだけとめちゃくちゃ豪華な本
自分の書棚に並べようとしたら、明らかに浮いた(笑)
古典本のような重厚さがあって、知らない人は「何の本?」って思うかな

この中に嵐の歴史が詰まっていました

全776ページ
ゆっくりゆっくり 嵐と一緒振り返ってみる贅沢な時間をありがとう


以下は自分の感想のみです







実際の展示順にメンバーが訪問した時のフォトを取り交ぜてる
進んでいくとちょっとだけ一緒に訪問した気分になれるよ
5人ともラフな私服で笑顔で見てるね


バックステージの嵐
あの緊張するであろうライブの合間はあんなにゆるい時間なんだね
ひとりずつまったく違うことをしたり
じゃれあって体を動かしていたり
翔さんと並んで真面目にスイーツを食べる大野さん(笑)
ピリついた空気が微塵もない
大野さんの穏やかな表情に安心するよ

これから数時間後にあの圧巻のパフォーマンスをする集団



衣装の嵐
衣装が細かい所まで写ってた
これだけはカラーで見たいなぁ
でも白黒だから陰影で質感がもろに伝わる気もします
「触った感じはこうよね?」とか、、、想像できるなぁ

スパンコール、ビーズ、スワロフスキー✨
客席から見ていたキラキラはこんな風に縫い付けてあったのね
布たちも結構な厚みで多彩な刺繍が施されて、一枚一枚にすごく手がかかっている
こだわりまくって作っている衣装だってわかるな
コゲラは偶然にも2日前に2003年のライブDVDを見ていました。まだ衣装は原色で一枚布が多くて、生地も薄くてね。でも若さとエネルギーがそれを凌駕していて、キラキラしたフレッシュなステージです。その後すぐJaponismコンをみて、セットの豪華さ衣装の豪華さに目を見張ってしまいました。嵐大きくなったんだなぁ




ピカンチの嵐
蒼さが残りほろ苦さと粗削りなエネルギー、色々なものが交錯する5人
だけど、原石のもつオーラを感じます
可愛いとか幼いとか思ってしまう時期だけど、5人の向いている方向はしっかり前だったんだ

相葉ちゃんちのアトム君🐶




P302〜327は宝物
大野さんの肖像を描き下ろす大野さんの姿なんて( ;∀;)
大好きなメンバーが描いてくれた自分の顔なんて感無量で見るよね
またそれを描き下ろすことで
その時にメンバーが思っていた自分への想いをストレートに感じることができる

愛おしい目をしてみてる大野さんの顔が好き

コンプリート
腕筋もいいよね



OHNO ROOM
ここは何度もパソコンで訪問を繰り返した空間で、記憶の中にもしっかり残ってます
大野さんの手って案外小さいサイズで可愛いのよ

ダンス映像のフォトがたくさんあったのが嬉しい
白黒フォトだと凄みがより伝わる
"孤高"という言葉が浮かんでくる写真




自分たちのグッズがあるショップを楽しそうに見て回ってる
全部 買ったのかなぁ

一家に一台、嵐一家

   DSC_0150_20210512152223.jpg

コゲラんちの【嵐一家】です




嵐の旅路ジオラマ
写真を撮るのに精いっぱいで細かく見てなかったなあ

バスがあって🚌
船があって⛴
ヘリがあって🚁
列車があって🚉
気球もあるね🎈


そしてまた、次の旅へと…



いまは どこかのプラットフォームで"嵐"は休憩してるんですね


色のない白黒の"嵐"なのに温度がある

熱くて冷たくて、ぬるくて、、、、
          、、、、そして限りなく温かい嵐



ずっと そこにいたいと思ってしまう
  
The journey continues

旅は続くんだ




5/12記




スポンサーサイト



ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可