fc2ブログ
『忍びの国』が蘇る季節
2021年06月30日 (水) | 編集 |
盛夏がくる直前に
身体が感じる季節がありまして

日中は暑いけど
まだ夜はちょっと涼しくて

でも これから来る暑さに少々うんざりする

こんな空気を感じると必ず蘇ってくる (ここ4年ですけどね)



2017年 4年前のちょうど今ごろは『忍びの国』で生活が一色だった

また今年も蘇ってきました
でもなぜか今までと比べて、ずっと色濃く戻ってきてます
大野さん自身が姿を見せなくなっているせいかもしれません


あの夏  熱かったな

それにしても夏が似合う男だ








映画 『忍びの国』

主演 大野智
2017年7月1日 公開


4年経つけどまだあの時の嬉しさが蘇ります
コゲラは7回しか劇場で観てないけど強者は38回とかいう方もいたなあ(笑)

  の



"大野智を語った言葉"
"大野智が語った言葉"

「作りこまず そのままやってくれたら無門になるから」


【中村義洋監督がなぜ大野智を無門にキャスティングしたのか】

監督にとっては、キャスティングよりも原作との出会いが先だったゆえに、この映画で描きだしたい無門のキャラクター像が、明確に存在していた。言葉を尽くして擦り合わせるという過程なしに、大野はその細やかなニュアンスを掴み取ってくれたのだという。

中村: 「大野くんに対しては、ここは大丈夫かな、成立するかなとか何も心配しなくていい。無門に関しての悩みはないから、僕は他の仕事がたくさんできたんです」

中村: 「とても瞬発力があって、よーいスタートでニュートラルになれるところ。ちゃんとプロとしての準備をしてきた上で、場所、天気、相手のテンションに合わせてライブでお芝居をするって、すごくレベルが高いことなんです。」

大野 「セリフはもちろんちゃんと頭に入れて、あとはあまり固めないで、作り過ぎずにいくようにしてますね。現場で変わる事もいっぱいあるし、いつも状況に対応して、いろんな動きができるようにはしているかもしれません」

中村 「言い方やテンションを練習しないで、ただ覚えてくる。これって実は難しいことだと思います」

中村 「無門を演じる前にも"大野くんのまんまでいいよ"と言いましたが、それをそのまま受け取ってはいないと思うんです。なぜ監督がそういったのか、その奥のほうまでちゃんと捉えようとしているのだと思います」

(2017年 『ぴあ』より)





【大野智が「無門っぽい」と言われる意味とは】

大野 「確かに監督には、大野は無門っぽいと言われていましたけど、でも自分では何のことかよくわからなくて(笑)無門は怠け者なんですけど、僕も怠けるときはとことん怠けるので、そのあたりが似ているのかな?僕、ちょっとダメだな~と思ったら、これ以上ダメなところまでぐうたらするんですよ。不思議とそこからあがれないことはないんですけどね」

大野 「ただ、無門はふだん、怠け者だったりへらへらしていたりはするんですけど、伊賀一強い忍者ってことは、そこまでいくには相当な修行をしているはずですよね。でもそういうことは表に出してはいない。たぶん、出したくない人間なんだろうなと考えると、そこもちょっと自分に似ているかもしれないなと。僕も自分が頑張っている姿なんかは、照れくさくて人に見せられないから」

大野 「無門は子供のころに伊賀にさらわれてきて忍者として育てられて、本当に名前も知らない人間。そういう傷がありながらも、表面上はただの怠け者に見える。でも、心の中にはすごいいろんな思いがあるやつなんですよねぇ」

(2017年6月 キネマ旬報より)








2017年の大野智の一片ですけど、、、

イルカかぁ🐬


クリックして大きくしてみてくださいね

  DSC_0178_20210630122237.jpg

  DSC_0179_20210630122232.jpg

  DSC_0180_20210630122223.jpg


相変わらずブレてないですね


自分を俳優とは思っていないしずっと色々な役は出来ないと言っている大野さんですが
彼のプロフェッショナルとしての矜持のようなものが見え隠れする一文を最後にご紹介します

大野 「もちろん撮影に入れは徹底するし、与えられた役を演じるために自分ができることはすべてするけれど、演じる仕事だけをしているわけではないから。ただ、ひとつの役を演じる時に、いつもの普通の自分ではいられないっていう感覚はあります」

大野 「さっきの休みの日の話じゃないですけど、自分にとっての大切な何かを削ったりしないと、頑張れないみたいですね。食べるものとかも含めて、好きなものを封印したり、ご褒美的な事を何か削ったりしないと、演じるっていうこととは向き合えない気がする。演技の仕事をしているときには、いつの間にか、自然とそうしている自分がいます」

(2017年 ぴあより)




これだけすごい事でも 魅力の一部でしかない

歌 ダンス 趣味 身体能力 性格 ルックス クセ 演技 哲学。。。。
。。。。キリがないですね


いま大野さんは姿を見せないけど
ひとつひとつを眺めて、触れさせてもらって(在庫の分です 今のとこ)
それでも 十分満足できてる

だから
ゆっくり自分のための時間を過ごしててほしい

ただ 智担のまえからいなくならないでいてくれたらいいかな


私も大野さんが止まっている間は自分自身のことを整えていい時間を過ごします
また来る日に しっかり向き合いたいと思うから


さあ 来年の7月1日も『忍びの国』をアップしよ





番外編ではありますが
2017年の10月に三重県伊賀市に無門を訪ねて旅行に行きました
その時の写真が出てきたのでアップします

ほーんと田舎でしたよ
でも こんなところに無門がいて実際に伊賀忍者がいたと思うと感慨深かったです


  DSC_0174.jpg

  DSC_0172.jpg

伊賀の映画館 無門祭りです


  DSC_0168.jpg

天井にこれが貼ってある いいセンス


 DSC_0185.jpg

街中の『忍者飯』

  DSC_0187.jpg

街中のマンホールは可愛かったですよ





   









スポンサーサイト



ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可