走り出している相葉くんを支えるメンバーの力
2016年12月07日 (水) | 編集 |
12月になって もう年末の音楽番組の準備が出来上がってきているなぁと思うこの頃
観てる視聴者は完成されたものとか生放送の映像を観る事になるけど、事前の準備って何倍も大変なんだろうな
そう、その準備からがお仕事なんだなー
ライブでもそうだけど、もしかしたら リハーサルの方が大変なのかも
生み出す苦しみや話し合いや練習、いろんな影の努力をみてないからわかりにくい
でも、それを隠して一番のパフォーマンスを見せてくれる演者に頭が下がります


6日の智ラジオ

「音楽は精神の中から日常の生活の塵埃を除去する」
日立の掃除機が出てきて、話が横に逸れてそのまま進むのかと思っちゃったよ
そのまま突き進むだけの精神力も持ってるし

「音楽はね あのホント無いとダメですね」
母ちゃんが洋楽が好きだから、幼い頃から常に家の中は音楽が流れていたらしいですね
きっと大野くんのリズム感のよさも こんな所から来てるんですね
子供の環境って大切

絵を描くときも 描く絵によっていろんなタイプの曲を流しているんだとか言ってたね


そして話は今年の紅白歌合戦の司会の話に…

「終わった、はい終わりましたの相葉ちゃんの顔見たら オレちょっと泣いちゃうかもしれない…」

白組司会の話があったときから 悩みに悩んで決断した相葉くん
本当に真面目だから
「自分が失敗したら 嵐に傷が付かないか…」
心配した話はもう誰でも知ってる

真面目て責任感が強くて一生懸命な相葉くん
ファンから見ても わかってしまうから
メンバーは彼の心情が痛いほどわかるはず
だってずっと一緒にいる 嵐だもん

P1000977 (400x300)


「達成感の相葉ちゃんみたら 泣いてしまうかもしんない」

大野くん
泣くよね
大好きな 大切な相葉ちゃんの
仕事をやり遂げた姿をみたら

涙出てくるよね

涙ぐんでいる大野くんの姿を
紅白の最後に目で追うことになりそうだ


「こん時くらいは 休みな」

メンバーも全力応援なんだろうな
「頑張れ」とか口にするんじゃなくて、4人それぞれの気の使い方

面談も全出演者としなければならないわけで
初出場のから 大御所までいらっしゃるわけで
その人たちの情報もしっかり入れておかないと失礼になるから 
5人での司会の時は 5分1の緊張だけど、今度はひとりにのしかかる重圧
有村架純ちゃんは妹だから、頼りになるお兄ちゃんでなくちゃいけないって思ってるんだろうなぁ

嵐の面談は少しでもホッとする時間にしてほしいと考えているメンバー
相葉くんもほっとして 涙がでるかも(早いですけど)

相葉くんの司会はもう始まってる
31日当日だけじゃないんですね
そして もう走り出している相葉くんを一番支えているのはメンバーだから

「プレッシャーハンパない」
「みんなの応援がないと潰れちゃう」

札幌のMCで言ってたよ

大野くんは人の気持ちがわかりすぎる人だから
相葉くんが忙しい時はそっと遠くから見守っていると思う
壁にぶつかった時や 
何かに悩んでいる時は
そっと 近づいてきて好きなスイーツの差し入れをして
「相葉ちゃん 全部食べていいよ」なんて
言うんじゃないのかな(笑)

彼の応援は さりげなく温かい
そして ずっと傍にいる大野くんだと思う

紅白はきっと最後の大野くんの涙か゛気になってしまうだろうけど
終わった後にメンバーの所に帰ってゆく相葉くんと
それを待つメンバーが 大野くんが
愛おしいと 
今から思ってしまうんです

     P1000973 (400x300)



スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可