FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
零さんの実力 ドラマ大賞おめでとうございます
2017年02月16日 (木) | 編集 |
2016年 
TVLIFE年間ドラマ大賞
主演男優賞
大野智
   『世界一難しい恋』

おめでとうございます

そして
『作品賞』
『主題歌賞  嵐  I seek』

ぶっちぎりの3冠ですね

P1010101 (400x300)

2016年のお正月にラブコメをやると知ったその日から
ラブ?
大野くんできるの?
(ごめんよ~大野くん)
未知の領域に踏み込むようで
期待&戸惑いをかなり感じていたのだけど
本人は
「コメディーがついてるし」って
いたって平常心


ドラマのベールがだんだんと剥がされていくにつれて
『仕事ができる社長』と
『人望がなく恋愛不器用』が
どうしてもイコールにならなくて…


でもドラマがスタートして回を重ねるうちに
傍若無人な零さんに対して芽生える不思議な感情

『ひどい人なんだけど 応援したくなる』
『そんなつもりじゃないから わかってあげて』

ふふふ
完全に視聴者を味方につけている大野智
いや鮫島零治でしたね




プロデューサー氏がおっしゃるには
『ひねくれ具合を生かした男性目線のラブストーリー』
『零治が苦しむのがテーマ』

随分と難しい作品だったんですね


容姿がよくて
気前が良くて
ハイスペックで
女心も男心もわかって
そんな役なら好感をもたれるのは当たり前だけど

ひねくれてて、ワンマンで、空気読めなくて
冷たくて、不器用で etc…
そんな性格の主人公が
視聴者を味方につけて
挙句の果てに愛されて応援までされてしまう


考えたら
不思議なドラマでした


でもね 零さんのいう事は
好感度はないけど
間違ったことはなかったんだよ


プロデューサー氏と脚本家の戦略の妙
そして一番は
大野智さんを起用したこと

大野くんが演ずる事で
「鮫島零治が愛されるキャラクターになった」

なんでだろうね  大野くんって

演技なんだから
大野くんじゃないはずなのに
彼であるような錯覚

きっと零さんを通して
大野智を見つけてしまっているんだわ



私がドラマの中で一番好きだったセリフ

P1010100 (400x300)

「君といるとオレはヘンになる」
「けど君といる事でオレは変われるんだ」

これほど 好きな人に対する可愛い告白は
私はいままで
聞いたことがないです

このセリフがテレビで流れた瞬間に
おちた…
と思ったわ


セカムズの続編はもうなくてもいいと思ってます
固定化した映像をみるより
横浜のどこかできっと
「思ってたのと違う!!!」と言いながら
楽しく生活している社長が想像できますもんね




とにかく 受賞おめでとうございます
トロフィー眺めて
いいお酒のんでくださいね~


欲張りだけど次の役のリクエストしていいかなぁ

忍者を演じてくれることで、ひとつ夢が叶ったから
今度はいい人ではない大野智を見てみたい
大野くんの「影」
詐欺師とか二重人格とか
狂気の人とか

あと、実在の人とかもいいよね
社会派ドラマも観てみたい

今の嵐さんじゃ むずかしいのかなぁ
絶対にゾクッとするほど
惹きつけられる演技をしてくれると思うんだけどなぁ



スポンサーサイト
ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。